2021年5月報道関係者向け勉強会を実施致しました

パネリストの池田氏と瀧氏、モデレータの野中氏

2021年5月26日、オンラインにて報道関係者向け勉強会を実施しました。
今回のテーマは『サステナブルファイナンスの解説と取り組み』でした。

アジェンダ

13:00−13:05 ご挨拶と概要説明

13:05−13:20 「金融庁におけるサステナブルファイナンスへの取り組み(仮)」 金融庁チーフサステナブルファイナンスオフィサー池田賢志氏
13:20−13:30 Q&A

13:30−13:45「フィンテックとサステナビリティの交差点」 一般社団法人Fintech協会 アドバイザー
 株式会社マネーフォワード 執行役員 サステナビリティ担当 CoPA (Chief of Public Affairs)  Fintech研究所長 瀧 俊雄氏
13:45−13:55 Q&A

13:55−14:00 閉会挨拶

パネリスト

■池田 賢志
金融庁 総合政策局
チーフ・サステナブルファイナンス・オフィサー

2019年3月、金融庁に「チーフ・サステナブルファイナンス・オフィサー」のポストが新設されたことに伴い同職に就任。同職においては、気候変動関連の財務情報開示に係るTCFD提言の日本における実施を担当すると同時に、金融庁内のSDGs取組戦略プロジェクトチームの事務局を務めるなど、サステナブルファイナンスに関する職務を幅広く所掌。

■瀧 俊雄
一般社団法人Fintech協会 アドバイザー
株式会社マネーフォワード 執行役員 サステナビリティ担当CoPA (Chief of Public Affairs) Fintech研究所長

2004年に慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村證券株式会社に入社。株式会社野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究業務に従事。スタンフォード大学MBA、野村ホールディングス株式会社の企画部門を経て、2012年より株式会社マネーフォワードの設立に参画。
経済産業省「産業・金融・IT融合に関する研究会」に参加。金融庁「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」メンバー。

モデレータ

■野中 瑛里子
一般社団法人Fintech協会 事務局長
合同会社N.FIELD代表

2009年、三菱UFJ銀行入行。市場部門ALM部署にて大手法人運用デスクと自己勘定ファンド管理に従事。 2017年、SoftBank入社、Blockchain国際送金コンソーシアムのプロジェクト・マネージメントを約1年担った後、SoftBank Vision Fundの日本ローカライズ部隊でBizdevを担当。PayPay立上のほか、J.Score、OneTapBUYなどFintech事業の総合企画も行う。 エコシステム形成を得意とし、銀行時代よりNPO法人Startup Weekendでリード・オーガナイザーを務め、日本初Fintechテーマのプログラムを企画・開催。 2019年8月より現職。立教大学経済学部卒。

会の様子

ファイナンスに留まらず、人間の生活のあるべき姿や、格差解消方法など内容は多岐に渡りました。
後半、質問もいただき、盛会となりました。

「金融庁における サステナブルファイナンスへの取り組み」 について 池田氏
「フィンテックとサステナビリティの交差点」 について 瀧氏
ご参加いただいた皆様よりslido及びZoomへご質問をいただきました。

関連リンク

■2021年5月26日
結局は外圧? 日本のサステナブルファイナンスはどう根付くのか(ITmedia ビジネスオンライン)